和歌山橋本で活躍する松風公認インストラクターの笹井亜美さん、笹井友貴さんをご紹介

笹井亜美さん友貴さんをご紹介

2016年の大河ドラマ「真田丸」の主人公、戦国武将・真田幸村が果敢に戦った慶長19年の大坂冬の陣から400年、ゆかりの地「伊都・橋本」。歴史ファンや戦国武将ファンなら一度は訪れたいこの街で活躍する松風公認インストラクター「笹井亜美さん、笹井友貴さん」にお話しをお聞きしました。

 

まつげエクステを初めて知ったのはいつですか?

----亜美さん

美容師免許は持ってはいたものの、正直活かせていないと思っていた所、以前働いていたエステサロンにて、先輩スタッフがまつ毛エクステの施術をしているのを見て存在を知りました。後日、母より「美容師免許を持っているんだし、まつ毛エクステしてみたらどう?」と勧められ、スクールで基礎を学び、まつ毛エクステがどの様なものかを改めて知りました。

 

----友貴さん

正直ハッキリとは覚えていません(笑)何年か前になりますが、姉が母等をモデルにしてエクステを装着していて「あ、今はこんなのがあるんだ!」という感じで知りました。

 

 

プロになりたいと思ったのはいつですか?

 ----亜美さん

失礼な言い方かもしれませんが、最初はプロを目指す事など全く考えていませんでした。最初はスクールで基礎を学び、検定試験の合格を目指し頑張っていました。試験に合格はしたものの、施術する機会に恵まれず、暫くの間は「宝(まつ毛エクステ)の持ち腐れ」となっておりました。そんな時、ネイルスクールに通っていた弟から、まつげエクステの知識・技術を広めていく仕事をしないかと勧めてもらい、スクールの講師の方々の話を弟と聞いていくうちにプロとしての意識をし始めました。

 

----友貴さん

すごく最近です(笑)きっかけとしましては、以前ネイルスクールに通っていて、その中でまつげエクステの説明会・体験会があったんです。そこで講師の方の話を聞き、まつ毛エクステ業界の現状や未来像を聞き、魅力と可能性を感じました。元々美容師を目指していたのですが、間もなくリラクゼーションの世界に飛び込んだ為、折角の美容師免許を生かす何かが無いものかと思い、そこで「コレや!」と(笑)

 

このまつ毛エクステの技術者は、ほぼ女性の方じゃないですか?そこで僕の様に、男性の方も技術者になれば面白いんじゃないかと思いましたし、今後、男性のアイリストも増えてくるのではという期待もありました。

 

 

松風公認インストラクターを目指したきっかけは?

 ----亜美さん

先ず、サロンで(お金を頂いて)施術をする際の条件として、美容師免許が必要だった事最近では、無資格や無知な状態で間違った施術をし、お客様にトラブルを負わせたというニュースもあり、ただ免許を持っているのではなく、まつ毛エクステの知識・技術をしっかり身に付けた上でお客様に臨みたいと考え、インストラクターを目指しました。

 

----友貴さん

こんな事を言ってしまうと失礼になるかもしれませんが、単純にインストラクターという事で施術される側(お客様・モデル等)が安心されるからという事でしょうか。近年ではまつ毛エクステによるトラブルでニュースになるなど、まつ毛エクステを敬遠されている方も少なからずおられます。技術方法は多種多様とありますし、知識等も異なって浸透し今があります。中にはしっかりとした知識や技術を持たずして施術をされている方もあると聞きました。

 

そういった事がトラブルになり、事件につながり、まつ毛エクステの魅力を損なわせてしまっているのだと思います。万人が安全に安心してまつ毛エクステを楽しむ為には、正しい知識と技術だと再確認し、松風公認インストラクターを目指す事にしました。

 

 

 松風公認インストラクターになってよかったことは何ですか?

 ----亜美さん

やはり、ご来店いただくお客様に「安心して施術を受けて頂く」という点・・・一言ではありますが、この一言を実行するのには沢山の知識・技術が必要です。

 

お客様にただ施術をするのではなく、カウンセリング等でお客様とコミュニケーション図り、まつ毛エクステの事を知って頂いた上で施術を受けて頂き、「このお店でまつげエクステを受けてよかった」「また来たい」とお客様から仰って頂いた時は、本当に(インストラクターになって)よかったと思いました。

 

----友貴さん

お客様より「とても丁寧で、安心して任せられる」「施術前と後で、ここまで丁寧に説明を受けた事が無い」と言葉を頂いた時は、インストラクターになってよかったと心から感じました。これからも、よりたくさんの方に安心してエクステを楽しんで頂く為に尽力していきたいと思います。

 

 

現在、勤めているサロンについて教えてください。

----友貴さん

当店は3名(男性1名・女性2名)のスタッフで営んでいる小さな個人サロンです。主にリラクゼーション・エステを中心にサービスを提供しています。その中で、他と差別化を図る為、店内喫茶店やまつ毛エクステのサービスを取り入れております。当店は「ゆったりとくつろげる空間」を意識し、お客様にリラックスして頂ける為、接客なども堅苦しくならないようにスタッフにも配慮しています。また、全部屋が個室になっておりますので、安心してくつろいで頂けます。

 

 

お客様に施術してうれしかったことは何ですか?

 ----亜美さん

やはり、施術後にお客様から「凄く綺麗に付けてもらえた」「丁寧に説明もして下さった」「このお店に来て本当に良かった」等、温かいお言葉を頂いた時です。

 

他サロン様で受けて頂いてから当店にご来店のお客様は「そんな丁寧に聞いてくださったりしなかった」「そんな事、初めて知った」等、他サロン様の説明の少なさに驚いておられましたし、私自身も驚きました。

 

----友貴さん

先程と重なりますが、やはり「丁寧で、安心して任せられる」と言って頂ける事です。中でも、エクステ装着後に気を付けなければならない事を説明していくと「そんな事言ってもらった事ない・知らなかった」との言葉も聞きました。

 

初めて装着される方・当店を初めて利用される方はどうしても気構えてしまいます。普段から慣れている方でも、新しい店での装着となると、どうしても構えてしまいますので、ゆっくり丁寧にカウンセリング時に説明する事で安心感も変わってきますし、施術後のアフターケアについてもしっかり対応する事で「ここは安心できる」と思って頂けているんじゃないかと思います。

 

 

プロの施術者として大切にしていることは何ですか?

 ----亜美さん

最優先して大切にしている事は、お客様の目の状態や体調です。

そして衛生面・・・使用器具類の殺菌、消毒は徹底して行っております。お客様の目元を扱うので、トラブルを起こさぬ様、常に気を引き締めて施術に臨んでおります。

 

----友貴さん

施術を受けて頂く際の体調の具合などは先に確認をとっていますね。

長時間仰向けになっている、もしくは座っているわけですから、少しでも体調が優れない場合はお控え頂いています。衛生面は徹底して気を付けるようにしています。お客様の大切な目元を預かるわけですから、少しでも不衛生だと眼病の原因にもなり兼ねません。施術者・施術道具・ベッドやワゴン等の殺菌消毒は常に心がけています。

技術が落ちない為にも、スタッフや知人に装着させてもらったり、知識の確認も兼ねて資料や教材等に目を通す様に日頃から行っております。

 

 

今後の目標は何ですか?

----亜美さん

お客様に「安心・安全・丁寧」な施術を心掛ける様、日々精進していきたいです。

 

----友貴さん

現状に満足する事無く、常に向上心を持ってサービスを提供していく事です。日々勉強ですね(笑)

日々の改善と改良を重ね「満足」以上の「感動」を提供し、まごころを込めた「おもてなし」をすることが私たちの使命です。

 

●DATA

サロンお問い合わせ先 / トータルケアサロン ゆらり

〒649-7202 和歌山県橋本市高野口伏原986

http://total-care-yurari.com

 

皆様へ

当リラクゼーションサロンはお身体の疲れに手が届く施術を心掛けております。ボディケア・リフレクソロジー・眼病疲労ケア・エステ各種に加え、まつ毛エクステを導入し、お客様に「癒」「美」を提供させて頂きます。アットホームな当店へ是非お越しくださいませ。店内には喫茶店もございます。喫茶店のみの利用も可能ですので、こちらもよろしくお願いします。

 

 

アクセスランキング