東京都台東区で活躍する松風公認インストラクター 仁平知歩さんをご紹介

東京都台東区にあるまつげエクステサロン「Maison Lily (メゾン リリー)」で活躍する松風公認インストラクター、仁平知歩さんにお話をお聞きしました。

 

938_01

プロの施術者になろうと思った動機について教えてください。

もともとは美容師で、ヘアメイクからネイリストへと転向しましたが、他にもお客様に提供できるサービスはないかと思っていたところ、仕事で海外へ行った時に、まつげエクステンションの技術をみて、自分もこの技術を身に付けたいと思ったのが最初でした。もともと細かい作業や根気がいる作業が好きで、シンプルな技術の中にある奥深さに惹かれ、まつげエクステンションの世界にはまってしまいました。

 

松風公認インストラクターを目指したきっかけは何ですか?

難関と言われる試験に挑むことで、自身の知識・技術の確認や、これからのまつげエクステンション業界の動向を知ることができるのではと思った為です。

 

松風インストラクターになって良かったことはありますか?

試験勉強中に培った知識で、より的確なアドバイスや提案ができるようになりました。
また、疑問に思っていた事などを、試験勉強したことで初心に帰ることができ、改めて知識や技術の再確認ができました。

 

938_02

プロの施術者として大切にしていることは何ですか?

「謙虚・感謝・丁寧」謙虚な姿勢で感謝の気持ちを忘れず丁寧な施術を。
「お客様に、お仕事をさせて頂いている。」という気持ちを忘れないこと。

 

まつげエクステの仕事をしてどんなときに喜びを感じますか?

施術が終わった時のお客様からの嬉しいお言葉と表情。そして、毎月通って来てくださるお客様のお気持ちを感じた時に、サロンをしていて良かったなと思います。

 

今後の目標について教えてください。

施術者として、現役でいられる限り、おひとりおひとりに自身ができる精一杯の施術と最高の接客を提供していきたいと思っています。その為には今の自分におごることなく、常に勉強をしていきたいと思っています。

 

現在、お勤めのサロンについて教えてください。

四年前に独立し、アイラッシュとネイルのサロンを開業しました。
独立前からのリピーターのお客様も多く、年齢層が高いのが私のサロンの特徴です。40代〜70代のお客様が中心で、80代や90代のお客様もいらっしゃいます。女性はいつまでも女性としての心を忘れないでいることが大切だと、お客様から教えられました。
現代のシニア層はとてもアクティブで、ジムやプール、旅行などを楽しまれる余裕があります。そういったシニア層に、メイクが楽になり、素顔になっても恥ずかしくないまつげエクステンションは最適です。年齢やライフスタイルに合ったデザインのご提供で、皆様、ますます活発に行動されています。

 

●DATA
サロンお問い合わせ先 / Maison Lily (メゾン リリー)
〒110-0003 東京都台東区根岸3-3-17
03-6319-9118
http://ameblo.jp/nail-maison-lily/

アクセスランキング